PAGE TOP

【新年インタビュー】金陽社中田惠二社長

「統括本部を設置しブランケット事業強化へ」

工業用品 2017-01-06


 「2016年は厳しい年だった」と語る中田惠二社長。今年は製造面からの利益拡大やブランケット事業の強化等を進め、今年度(16年4月)からスタートした新中期経営計画の達成に向けて巻き返しを図る。

 ■2016年を振り返って
 昨年は当社にとって大変厳しい年となりました。中国を中心に海外市場の景況が悪化し、その影響で国内市場も停滞しました。この様な状況の中で社員の頑張りもあり、国内では何とか結果を残せたと思いますが、輸出は為替円高の影響を大きく受けて厳しい結果となりました。当社では16年度から新中期経営計画「第2期中期3カ年計画2018」をスタートしましたが、初年度上期(16年4-9月)は残念ながら計画未達となりました。

 ■2016年度上期業績
 上期は前年同期比減収となり、ロール、ブランケット事業ともに前年同期実績を下回りました。ロール事業では、印刷用はオフセット輪転印刷機用の需要が落ち込みましたが、UV印刷用の需要が底堅く推移。新聞印刷用も東京五輪に向けて印刷機械更新の動きが出始めて需要は安定し、印刷用全体では前年同期並みとなりました。

 工業用(鉄鋼・製紙・フィルム)は、鉄鋼向け、フィルム向けが製造ラインやプラント案件の減少に伴い需要は振るいませんでしたが、製紙向けの受注が順調で業績を牽引し、工業用全体では若干の増収となりました。

 ブランケット事業では、国内は若干の増収、海外でも販売量ベースでは欧州向けなど一部プラスの地域もありましたが、為替円高の影響で全体では減収しました。

 ■2017年の経営方針
 上期の落ち込みを取り戻すべく、新中計の達成に向けて巻き返しを図ります。営業面で拡販に注力するのはもちろんですが、今年は特に製造面で無駄な出費を抑え、利益を拡大させる取り組みを実施していきます。モノづくりでは、まだまだ大きな無駄が出ていると感じていますので、素材の使い方や生産効率を含め、それぞれの工程内で徹底的な見直しを進めます。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界