PAGE TOP

【新年インタビュー】オカモト岡本良幸社長

「生産設備に積極投資し効率化・増強をはかる」

工業用品 2017-01-06


 「16年は自動車内装材やコンドームの販売が好調だった」と語るオカモトの岡本良幸社長。来期はあまり好材料が見当たらず、先行きに懸念も感じるが、「生産設備に積極的に投資し、生産の効率化・増強をはかる」と意欲的だ。

 ■上期(4-9月)の業績
 円高の影響は受けたものの、幸い売上高は前年同期並みを確保し、営業利益も増加しました。

 産業用製品では、自動車内装材が好調でした。取引先のグローバル展開により新規受注を獲得し売上高が大幅に増加しました。しかし円高の影響で収益面は厳しく、コスト削減に取り組みましたが、為替によるマイナスを取り戻せませんでした。特に北米市場は好調で、自動車内装材の生産拠点であるサンダスキー工場は2ケタ増収で推移しています。

 フィルム関係では、一般用・工業用フィルムの売上高が大幅に増加しました。一方、建材用フィルムは販売が減少しています。

 ■生活用品の業績状況
 コンドームはインバウンドによる爆買いで国内販売が伸長しました。一時期より勢いは衰えましたが、薄物はまだ品薄状態が継続しています。爆買いが売上高の2割を占めているので、インバウンド需要が落ちてくると影響が大きく大変です。コンドームは輸出も好調で2ケタ伸長が続いています。海外拠点については、タイ工場は生産が好調です。主に中国・東南アジアにコンドームを輸出しています。中国工場は15年から一部稼働を開始しています。

 ■通期業績見通し
 通期業績は上方修正をしましたが、売上高と経常利益は減少の見通しです。やはり為替の影響が大きい。合理化や経費削減に取り組んでいますが、カバーし切れないと思います。米国大統領選でトランプ氏が当選したり、英国がEUを離脱したり、世界では予想外のことが起きています。政治や経済の先行きの見通しが立たず、舵取りが非常に難しい状況になっています。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界