PAGE TOP

バイオメディカルおよび医薬品研究を加速

ウォーターズコーポレーション、Waters Xevo G2-XS QTof、SYNAPT XS、SELECT SERIES Cyclic IMS装置の機能強化

工業用品 2020-06-26

 米・ウォーターズコーポレーションはこのたび、バイオメディカル、バイオ医薬品、食品研究など幅広い分野の研究者にペプチド、タンパク質、タンパク質複合体の難題を研究する自由度が向上したウォーターズの高分解能質量分析計向けの新しいフラグメンテーション技術とイメージングオプションを発表した。

 同社は現在、高性能SELECT SERIES Cyclic IMSシステムに対して、e-MSionと提携したECD(Electron Capture Dissociation、電子捕獲解離)を提供し、科学者がタンパク質、ペプチド、糖鎖、その他の生体分子の構造探索をサポートする。

 ECDは電子に基づくフラグメンテーション技術で、イオンモビリティー質量分析法とCyclic IMSシステムのCID(Collision Induced Dissociation、衝突誘起解離)を組み合わせることで、ネイティブタンパク質とサロゲートペプチドのシーケンスカバー率を向上させ、これまでは不可能だった、より大きなタンパク質についてのより詳しい構造情報を提供する。

 多機能なWaters Cyclic IMSシステムは、スケーラブルなイオンモビリティー分離を実行する唯一のイオンモビリティー飛行時間型質量分析計であり、単一分析物についての詳細な構造情報を得るためのIMSn実験(例えば、IMSでイオンを選択し、イオンをフラグメント化し、IMSで特定のフラグメントを選択し、そのプロセスを繰り返す)にも対応が可能。

 新型脱離エレクトロスプレーイオン化DESI XSソースが初めて、Waters SELECT SERIES Cyclic IMS、SYNAPT XS、Xevo G2-XS QTof質量分析計で利用できるようになった。ウォーターズは2018年にProsoliaとPurdue Research FoundationからDESIの知的財産権を取得し、同技術の独占プロバイダーとなった。

 新しいWaters DESI XS ソースは元のバージョンの性能を保ちながら、信頼性とユーザー体験を向上させているため、さまざまな分野の科学者が高品質のMSイメージングにアクセスができる。

 DESI XSを質量分析計と組み合わせることで、さまざまなサンプルおよび表面タイプに対して、低分子医薬品、代謝物、脂質の空間分布を視覚的にマップ化できる。DESI XSを使って、組織サンプルを画像化し、細菌コロニーの代謝物をスクリーニングし、さまざまな表面から直接採取した指紋から個人を特定することで、根や塊茎などの天然物の断面を調べることができる。

 直接イオン化ソースであるため、DESI XSはサンプルを質量分析計に導入する前に行うサンプル調製やクロマトグラフィーの必要を排除し、科学者の時間、ラボスペース、費用の節約につながる。

 また同社は、MassLynxソフトウェアバージョン4.2を使用しているWaters Xevo TQ-S micro と Xevo TQ-XS 質量分析計ユーザー向けに、ターゲットプロテオミクス用の無料オープンソースソフトウェアであるSkylineソフトウェアの新しいインターフェイスを導入。

 同インターフェイスにより、サロゲートペプチドアプローチによるペプチドまたはタンパク質消化物の定量のために最適化されたLC-MS/MS多重反応モニタリング(MRM)分析法を開発することができる。

 MassLynx/Skylineインターフェイスは創薬研究の一部であるバイオアナリシスまたはターゲットプロテオミクス実験に使われるタンデム四重極型質量分析計で高感度MRMアッセイを自動最適化および微調整するための使いやすいツールとなっている。

 ■製品販売情報
 SELECT SERIES Cyclic IMSシステム用のECD、DESI XSオプションは今年の第4四半期に発売開始される。すでにWaters Cyclic IMSを所有している場合にも、これらの新しいオプションを装置に同時に追加することができる。

 DESI XSは新しいXevo G2-XS QTofおよびSYNAPT XSシステムと一緒に入手が可能になった。これは以前に設置されたXevo G2-XS QTofおよびSYNAPT XSシステムのアップグレードオプションとしても利用できる。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界