PAGE TOP

【新年トップインタビュー】豊田合成社長 宮﨑直樹氏

豊田合成、構造改革が一段落・収益力を高める体制が整う

会員限定 工業用品 2020-01-29


 2020年は「構造改革がほぼ一段落したので、収益力を高めていくための体制が整った」と語る豊田合成の宮﨑直樹社長。今年も市場環境は厳しい見通しだが、海外拠点での増強や「e-Rubber」などの新技術、自動運転などに対応した新製品の開発・実用化に注力し、販売拡大を目指す。

 ■2019年を振り返って
 社長就任以来5年間にわたり構造改革に取り組んできたが、昨年は懸案だったドイツの生産子会社の事業譲渡が完了し、構造改革が一段落した。

 米中貿易摩擦による業績への影響はほとんどなかった。自動車販売が減少した中国市場でも、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界