PAGE TOP

石切山社長「V2020の最終目標達成に向け全力尽くす」

ニッタ、賀詞交換会を開催

工業用品 2020-01-08

 ニッタグループ(ニッタ、ゲイツ・ユニッタ・アジア、ニッタ・ハース、ニッタ化工品)は1月7日、明治記念館(東京都港区)で賀詞交歓会を開催、約200人が出席し盛大に行われた。ニッタからは新田元庸会長、石切山靖順社長をはじめ各グループ役員、幹部社員が出席した。

あいさつする石切山社長


 会の冒頭、石切山社長は「2020年はどのような年になるのか。経済面では米中貿易摩擦、英国のEU離脱問題、中東、東アジア等の地政学的問題など、引き続き不透明感がある。しかし、国内では堅調な物流関連に加え、次世代通信規格5Gの本格的サービスが春からスタートすることなど、半導体関連でもようやく明るさが見えてきた。夏には東京オリンピックも開催される。今年はいよいよ中長期経営計画V2020の最終年度だ。最終目標として売上高1,000億円、新事業、新製品比率25%を掲げている。その達成に向けて全力を尽くすとともに、1,000億円企業に相応しい体制の強化が重要と考えている。コーポレートガバナンスの強化、コンプライアンス意識や社会、環境に対する責任意識の向上にしっかりと取り組んでいく」とあいさつした。

あいさつする第一の田村会長


 続いて、第一の田村茂会長が「私が第一に入社して1週間くらいだろうか、役員室に呼ばれ、そこでお会いしたのが新田精一(元社長)さんだった。私にとって、取引先の代表取締役に会った第一号だった。そういうこともあり、私は個人的にもニッタさんに愛着を持っている」とあいさつし、乾杯の発声を行った。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界