PAGE TOP

欧州事業を再編

豊田合成、ドイツの生産子会社の全株式を譲渡

工業用品 2019-11-22

 豊田合成は11月22日、ドイツの生産子会社の株式を同国の事業ファンドの傘下企業であるSCUR-Alpha 1123社 (AEQPH社に社名変更予定)に全株譲渡すると発表した。

 譲渡するのはウェザストリップを生産する豊田合成メテオール(TGM)とその子会社である米国のメテオールシーリングシステム。譲渡・経営権移転の手続きについては2019年12月末までに完了予定で、譲渡に伴い豊田合成は、2020年3月期に210億円を事業整理損失として計上する。2019年3月期の営業損失はTGMが43億2,000万円、メテオールシーリングシステムが6億8,000万円だった。

 豊田合成はこれまで、将来にわたる持続的な成長の実現に向けた取り組みの一環として、各地域の収益構造改革を進めてきたが、欧州事業では苦戦が継続。改善策を検討した結果、TGMの全株式譲渡を決定した。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界