PAGE TOP

性感染症予防の取り組みを強化

オカモト、「ビバジェルつきコンドーム」発売

工業用品 2019-06-11

説明する田村社長


 オカモトは、性感染症予防意識と着用率の向上を目指したコンドームの新製品「ビバジェルつきコンドーム」と、デザインや文字をプリントできる「デザインコンドーム」を新発売する。

 同社は6月3日、ベルサール九段(東京都千代田区)で開催した「コンドーム事業戦略発表会」で、新製品の概要を紹介した。

 新製品「ビバジェルつきコンドーム」は、日本で初めてビバジェルを塗布したコンドーム。ビバジェルとは、豪スターファーマ社が開発した「SPL7013」が配合されたジェル剤で、HIV(エイズ)とHSV(ヘルペス)に対し抗ウイルス作用をもつ。

 オカモトの田村俊夫社長は会見で「日本では、コンドーム=避妊具のイメージが強く、性感染症予防目的での必要性はほとんど意識されていない。新製品『ビバジェルつきコンドーム』を市場投入することで、コンドーム=性感染症予防という意識を広めていきたい」と語った。

 同社が3月に実施した調査(1万4,048人が回答)では、約70%がコンドームを着用せず性交渉を行っているという。一方、梅毒感染者は近年急増し、エイズ感染者も高止まり状況という。

 「ビバジェルつきコンドーム」は10月10日発売予定。価格は10個入りで2,000円。

 「デザインコンドーム」は、コンドーム自体に文字やデザインをプリントできる。コンドーム専門店「コンドマニア」で今夏発売予定。

応援歌も発表

応援歌を歌うサンプラザ中野くん(左)とパッパラー河合さん(右)


 当日はサンプラザ中野くんとパッパラー河合さんがゲスト出演し、コンドームを買ったり、装着して欲しい、と言うのが恥ずかしい人のために奉げる応援歌「岡本と友だち(感動無限大∞)」を熱唱した。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界