PAGE TOP

「3つの健康」を中心とした取り組みが評価

ニッタ、「健康経営優良法人」に認定

工業用品 2019-02-26

 ニッタは2月25日、経済産業省および日本健康会議が選定する「健康経営優良法人2019(大規模法人部門)ホワイト500」に、2月21日付で認定されたと発表した。

 同制度は、経済産業省と日本健康会議が共同で、特に優良な健康経営を実践している法人を評価し、健康経営優良法人として認定するもの。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としている。

 ニッタでは、「社員の心身の健康」を重要な経営基盤と位置づけ、2018年6月に「健康経営宣言」を制定し、社員一人ひとりが活き活きと活躍できるよう3つの健康(健康なからだ、健康なこころ、健康な職場づくり)を中心にさまざまな取り組みを実践しており、今回の認定はそうした取り組みが評価されたことによるもの。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界