PAGE TOP

ウレタン塗膜防水工法施行を一日で完了可能に

横浜ゴムMBジャパン、「EU-ONE Oneda-F硬化促進剤」新発売

工業用品 2018-06-06

「EU-ONE Oneda-F硬化促進剤」を使用した施行例


 横浜ゴムMBジャパンは6月5日、「CRITERION」ブランドからウレタン塗膜防水工法に使用する「EU-ONE Oneda-F硬化促進剤」を6月中旬から発売すると発表した。

 「EU-ONE Oneda-F硬化促進剤」の使用により気温20℃の場合、5時間でウレタン塗膜防水材を硬化できるため、防水施工が1日で完了する「Oneda-F工法」が可能となる。

 ウレタン塗膜防水工法は、建物の防水対策の一つ。液状のウレタン樹脂を塗布し、硬化させて防水層を形成する。しかしデメリットとして、アスファルト防水やシート防水工法などに比べ、乾燥時間が長いため、工期が長くなる。

 これに対し、同社が独自に開発した「Oneda-F工法」では1成分形ウレタン塗膜防水材「EU-ONE」に、新たに開発した「EU-ONE Oneda-F硬化促進剤」を混合することで硬化時間を短縮。早く次の工程に進めるため、工期を短くすることができる。主な用途として、硬化時間の短縮が求められるベランダや側溝、庇など小面積の部位を想定している。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界