PAGE TOP

省スペースで華やかな空間演出

ショーワグローブ、「ロゼピンクのつかいきり手袋50枚入」発売

工業用品 2018-03-07

ロゼピンクの使いきり手袋


 ショーワグローブは3月1日から、ニトリルゴム製使いきり手袋「ロゼピンクのつかいきり手袋50枚入」を発売している。カラーは使い切り手袋では珍しいピンク色で、キッチン周りのカラーとマッチして華やかな空間を演出。コンパクトなティッシュボックスのようなデザインでフック穴を使って吊り下げることもでき、収納が省スペースで済むことも特長となっている。サイズはS・M・Lの3種類で価格はオープン。

 同製品は食品衛生法に基づく食品、添加物などの規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)に適合しているため、食品に直接触れる作業での使用が可能。極薄手タイプのため、手にしなやかにフィットし、素手のような感覚で細かな作業ができる。指先には細かな凹凸をつけており、滑りにくく、小さなものもしっかりつかめる。

 さらにパウダーフリー(粉なし)のため、外した時に手に粉がつかない。粉を使わなくても着脱しやすいよう、内面に加工が施されている。また、はめやすいように裾巻き加工となっている。素材はニトリルゴム製で、突き刺しや摩耗強度に優れた特性があり、また耐油性にも優れている。

 同社では14年に「ロゼピンクのつかいきり手袋100枚入」を発売。今回はよりコンパクトな50枚入を発売することで、これまでキッチンで使いきり手袋を利用する習慣がなかったユーザーに新たなユースシーンを提案する。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界