PAGE TOP

導電スーパー柔軟フッ素ホースで

八興、世界発信コンペにエントリー

工業用品 2017-11-13

 八興(東京都板橋区、阿部忠弘社長)は、公益財団法人東京都中小企業振興公社など主催の「世界発信コンペティション」に、ホースの電気抵抗値が国際指針に業界で初めて準拠した「導電スーパー柔軟フッ素ホースシリーズ」でエントリーした。

 同コンペティションは、2020年の東京五輪開催など、今後見込まれるビジネスチャンスに向け、新製品や新技術の開発を促進するため、「サービス部門」(東京都革新的サービス大賞)、「製品・技術(ベンチャー技術)部門」(東京都ベンチャー技術大賞)の2分野に分けて実施するもの。厳選な審査により、革新的で将来性のある製品・技術・サービスなどが「大賞」、「優秀賞」、「奨励賞」、「特別賞」の各賞に選定される。受賞者は11月15日に東京ビッグサイトで午前10時45分から挙行される表彰式で小池百合子東京都知事から表彰状などが授与される。

 なお表彰式は、同日から17日まで開催される展示会「産業交流展2017」のアトリウム(西展示棟)において行われ、二次審査通過企業なとが小間を設ける。

 今年度の主な募集内容は、平成24年7月1日から同29年7月1日までの間、日本国内において自社名義で販売または提供を開始しているサービス・製品・技術で、東京都内に主要事業所のある中小企業・個人事業主・中小企業団体及びグループが対象。審査基準は「新規性・創造性」、「完成度」、「独自性」、「市場性」、「成長性」などで、今年度は「製品・技術(ベンチャー技術)部門」に八興など15社が、「サービス部門」にも15社がエントリーしている。

 八興の「導電スーパー柔軟フッ素ホースシリーズ」は、本社所在地の東京都板橋区主催「平成28年度板橋製品技術大賞」において「最優秀賞」を受賞するなど、高い評価を得ている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界