PAGE TOP

「ゴムの基礎知識」を学ぶ

東部ゴム商組、新入社員向け勉強会を3年ぶりに開催

商社 2022-07-21

 東部工業用ゴム製品卸商業組合(塩谷信雄理事長=バン工業用品社長)は7月19日、東京・秋葉原のAP秋葉原で主に新入社員をターゲットとした勉強会の第11弾となる「ゴムの基礎知識」を開催した。

会場の様子



 勉強会は、新型コロナの影響で一昨年、昨年と開催を中止しており、3年ぶりの開催となった。今回は会場とオンライン形式で開催し、会場とWeb合わせて約300人が参加するなど盛況だった。

 講師を務めた梅﨑信征氏(ニシヤマ営業技術部大阪技術グループマネージャー)は、ゴムの歴史からゴムの種類と選択方法、製品の作り方、ゴム材料の性能評価まで独自の資料を使用し、わかりやすく解説を行った。

 特に力を入れていたのは「ゴムとプラスチックの違い」と「ゴムの選択方法」の説明だ。後者では、自身の経験と社内で実際に起こった例を踏まえ、ゴムを選択する際に使用環境(温度・油の種類)を確認することの重要性を訴えた。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた