PAGE TOP

タイヤ事業の好調と円安を背景に

横浜ゴム、第2四半期業績予想を上方修正

タイヤ 2017-07-28

 横浜ゴムは7月28日、17年12月期第2四半期業績(1-6月)の上方修正を発表した。

 それによると、原材料価格の上昇の影響はあったものの、主力のタイヤ事業で国内市販用タイヤならびに中国およびロシアの販売が好調に推移したことに加え、為替が円安に進行したことなどにより、前回予想を上回るとしている。

 ■第2四半期業績予想
 ◇売上高=3,100億円(前回予想3,000億円、増減率3.3%増)◇営業利益=180億円(同140億円、同28.6%増)、◇経常利益=185億円(同120億円、同54.2%増)◇四半期純利益=110億円(同75億円、同46.7%増)

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界