PAGE TOP

全国発明表彰の「経済産業大臣賞」

ブリヂストン、「オロジック」が受賞

タイヤ 2017-05-26

ECOPIA EP500 ologic

 
 ブリヂストンは5月25日、低燃費タイヤ技術「ologic」の技術開発が評価され、発明協会が主催する平成29年度(2017年度)全国発明表彰において「経済産業大臣賞」を受賞したと発表した。

 同表彰は、日本の科学技術の振興、産業経済の発展に大きく貢献している発明等が対象となるもので、「経済産業大臣賞」は、「恩賜発明賞」、「内閣総理大臣賞」に次ぐ高位の賞。6月12日には、ホテルオークラ東京(東京都港区)にて表彰式が行われる。

 今回「経済産業大臣賞」を受賞した「ologic」は、これまでに無かった狭幅・大径のタイヤ形状により、低燃費と安全性を高次元で両立する同社のタイヤ技術。タイヤの大径化により接地部分の変形を抑制し、車両の燃費向上に関わるタイヤの転がり抵抗を低減するとともに、狭幅化により走行時の空気抵抗も低減している。さらに、タイヤ進行方向に長い接地形状と専用パタンやコンパウンドを組み合わせることで、濡れた路面や乾燥路での高いグリップ性能も確保している。

 この技術を搭載したタイヤは、すでにBMWグループの電気自動車「BMW i3」に「ECOPIA EP500 ologic」として新車装着されるなど実用化されている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界