PAGE TOP

空気充填が要らないタイヤでモビリティを支えサステナブルに安心・安全を提供

ブリヂストン、次世代タイヤ「エアフリー」の公道実証実験を開始

タイヤ 2024-02-29

 ブリヂストンは、空気充填が要らない次世代タイヤ「エアフリー」の実用化に向けた実証実験を3月からBridgestone Innovation Parkがある東京都小平市近郊の公道で開始する。

 実証実験では「エアフリー」を実験車両に装着し、実際の使用環境により近い公道の様々な環境でエアフリーの特性や機能を検証し、今後の社会実装に向けた準備を進めていく。将来的には、さまざまなパートナーとの共創で価値を広げ、高齢化・地方の過疎化・労働不足による移動の制限といった社会課題を解決することを目指す。また、エアフリーのパンクしない特徴を最大限に活かし、タイヤの重要性がより高くなる自動運転との組み合わせで、より高い安心・安全の実現も目指していく。

 同社は、「エアフリーコンセプト」として2008年から空気充填の要らない次世代タイヤの開発に着手。今回の実証実験を機に、名称もコンセプトから、社会実装を見据えた「エアフリー」へと進化させ、新たな社会価値・顧客価値の提供に向けた、「新たな種まき」として活動を強化する。

 「エアフリー」への進化にあたっては、同社が培ってきたコアコンピタンス(強み)である「ゴムを極める」を応用した樹脂材料の素材技術と「接地を極める」技術を基盤に、これまでの研究開発を通じて得られた知見と、デジタルを駆使したシミュレーション技術などと組み合わせるともに、パートナーとの共創によるイノベーションを経て「リサイクル可能な強くてしなやかな素材の開発」と「強くてしなやかな素材の特性を最大限に活かす設計」を実現した。

 「エアフリー」は、タイヤ側面の特殊形状スポークで荷重を支えることによりパンクせず、ユーザーが安心・安全に使用できる。また、今回採用された青色スポークにより、日中から夕暮れ時まであらゆる明るさにおいて高い視認性を確保でき、安全性の向上も期待される。さらに路面に接するゴムの部分をリトレッドできるだけでなく、独自開発した再生可能なスポーク部分の樹脂をリサイクルすることで、資源の効率的な活用とサーキュラーエコノミーの実現に貢献。「エアフリー」を用いてサステナビリティビジネスモデルに基づくバリューチェーン全体でタイヤを『より長く安心・安全に使う』という価値の創出に取り組んでいく。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • 海から考えるカーボンニュートラル
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた
  • とある市場の天然ゴム先物