PAGE TOP

SUPER GTや2輪の世界耐久選手権などにタイヤ供給

ブリヂストンが2017年モータースポーツ活動発表会を開催

タイヤ 2017-03-07

トークショーの様子(中が平手晃平選手、右が安田裕信選手)


 ブリヂストンは3月6日、ブリヂストングローバル研修センター(東京都港区)で2017年モータースポーツ活動発表会を開催した。

 同社は今年、4輪レースでは国内トップカテゴリーレースのSUPER GTやファイアストンブランドで北米最高峰のフォーミュラカーレースのIndyCarシリーズなどに、2輪レースでは世界耐久選手権や全日本ロードレース選手権などにタイヤを供給。4輪ではPOTENZAブランド、2輪ではBATTLAXブランドを主に供給する。

 発表会では、同社の鈴木通弘執行役員・ブランド戦略担当が「モータースポーツ活動はタイヤビジネスに直接関わる重要なビジネスプラットフォーム。良いタイヤづくりを軸に、クルマ好き、バイク好きを増やす活動、POTENZA、BATTLAXのブランディングを推進する」とモータースポーツ活動の目的を語り、井出慶太執行役員・消費財タイヤ開発担当が「タイヤの構造、コンパウンド、分析をもとにダントツの技術でレースタイヤを供給し、そこで培った技術を一般タイヤにつなげ、技術開発にフィードバックする」とモータースポーツタイヤ開発の取り組みについて語った。

 発表会では、ピストン西沢氏を司会に、昨年のGT500チャンピオンである平手晃平選手、同じくGT500に参戦する安田裕信選手とのトークショーが行われ、両選手が今年にかける意気込みを語った。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界