PAGE TOP

現在は復旧

ブリヂストン、米州グループ会社が不正アクセス受ける

タイヤ 2022-03-18

 ブリヂストンは3月18日、米州グループ会社のブリヂストン アメリカス インク(BSAM)の社内ネットワークへの第三者による不正アクセスを2月27日(米国)受けたことを確認したと発表した。

 同社では確認後、速やかに現地連邦当局に連絡し、不正アクセスを受けたシステムをネットワークから遮断し、点検を実施。現在は復旧している。

 その後の調査の結果、今回の不正アクセスは、ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)による攻撃が原因であることを3月17日(日本時間)に特定。引き続き専門機関と綿密に連携し対応を進めている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた