PAGE TOP

2030年に補修用タイヤの9割以上に

ブリヂストン、革新的タイヤ基盤技術「ENLITENテクノロジー」を拡大へ

会員限定 タイヤ 2021-11-15

「ENLITEN」テクノロジーを搭載したタイヤ


 ブリヂストンは、電気自動車(EV)などに対応した革新的タイヤ基盤技術「ENLITENテクノロジー」を、2030年までにグローバル補修用タイヤの9割以上に搭載する。11月11日、オンラインで開催した「中期事業計画進捗」説明会で、石橋秀一ブリヂストン取締役・代表執行役Global CEOが明らかにした。

会見する石橋Global CEO


 ENLITENテクノロジーは、運動性能と摩耗性能を維持しながら、タイヤに使用する部材重量を削減することで、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた