PAGE TOP

生産能力は2.2倍に

横浜ゴム、印に建設中のOHT新工場を増強

タイヤ 2021-08-11

 横浜ゴムは、農業機械用タイヤなどオフハイウェイタイヤ(OHT)の生産販売子会社であるYokohama Off-Highway Tires(YOHT)の生産能力増強を図る。インドに建設中のヴィシャカパトナム工場で追加増産投資を実施する。追加投資額は1億7,100万米ドル。増強により、同工場の生産能力は当初予定していた日量55トン(第1期/ゴム量)に、今回(第2期)の増強分を加え日量123トン(ゴム量)となる。第1期は2023年第1四半期、第2期は2024年第1四半期からの生産開始を予定している。

 横浜ゴムは、世界的な需要増を背景にYOHTのダヘジ工場の生産能力拡張に加え、2020年第3四半期からはヴィシャカパトナム新工場の建設を進めてきた。今回の増強は、OHT需要のさらなる増加を見込んだもの。敷地面積は、今回取得した隣接地の約7万平米を含めて約39万平米となり、将来のさらなる能力増強も視野に入れている。

 8月11日に開催されたオンラインでの決算説明会の席上、山石昌孝社長は増強について「足元、数カ月分のバックオーダーを抱えており、これを解消すべくヴィシャカパトナム工場の増産を決めた。今後、さらなる拡張を検討している」と語った。

 横浜ゴムは2021年1月、OHT事業の強化を目的に同社のOHT事業とOHT専業のグループ会社であるATG(アライアンスタイヤグループ)をYOHTにグローバルで事業統合。YOHTは現在、インドにダヘジ工場(グジャラート州)とティルネルヴェリ工場(タミル・ナドゥ州)を有し、主力ブランドであるALLIANCE、GALAXY、PRIMEXの農業機械、建設車両、産業車両、林業機械用タイヤなどを生産している。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた