PAGE TOP

度会町で植樹を行う

横浜ゴム、三重県の「企業の森」計画に協力

タイヤ 2021-03-25

調印式に参加した鈴木英敬三重県知事(左)、大楽貢三重工場長(中央)、中村忠彦度会町長


 横浜ゴム三重工場は、三重県が推進する「企業の森」づくりに協力し「横浜ゴム悠久の森」づくり活動を進める契約を三重県および三重県度会町と締結した。同日、三重県庁で開催された調印式には鈴木英敬三重県知事、中村忠彦度会町長、大楽貢三重工場長が出席した。

 同社は、国内外の生産拠点に森を創生する「YOKOHAMA千年の杜」プロジェクトの一環として2010年から「企業の森」づくりに協力し、2020年まで三重県大紀町と「横浜ゴム悠久の森」づくりを進めてきた。今回の契約は大紀町との契約が満了となり、新たに度会町の山々で植樹活動を続けるために締結された。

 三重県は2005年に「三重の森林づくり条例」を制定し、森林の整備を社会全体で支えるため、県民、NPO、ボランティア、企業など多様な主体による森林づくり活動を推進している。「企業の森」づくりは三重県の条例に基づいた緑化計画の一環として、県、企業、森林所有市町の三者協働で植樹活動を行うもの。

 なお、横浜ゴムは、今年2月に新中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」を策定した。ESG経営においては「未来への思いやり」をスローガンとして掲げており、事業活動を通じた社会課題への貢献を進め、今後も地域社会貢献に向けた取り組みを行う。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた