PAGE TOP

アルプスアルパイン、ゼンリンと共同で

横浜ゴム、タイヤ・路面検知システムの実証実験開始

タイヤ 2021-02-23

 横浜ゴム、アルプスアルパイン、ゼンリンは、路面検知システムを搭載した「IoTタイヤ」で得たデータを地図情報と紐付ける実証実験を行い、新たなタイヤビジネスの検討を開始した。実証実験によるデータ分析を通じて、摩耗状態や空気圧不足を検知し、急勾配・急カーブ道路を避けるナビゲーションや路面凍結・陥没道路などの情報提供による安全運転支援、自動運転車両の制御など様々なソリューションの提供を目指す。

 実証実験では、横浜ゴムとアルプスアルパインが共同開発する先進タイヤセンサーを実験用車両に装着して路面検知を行い、タイヤセンサーが有する路面検知情報とゼンリンが有する地図情報との紐付けを行う。これにより、様々な路面のデータの分析・蓄積とシステム構築を加速させ、新たな付加価値を提案するタイヤビジネスの実現を目指す。

 各社の役割は、横浜ゴムが摩耗・路面などの状態検知技術の開発・確立やセンサー付きタイヤの開発・製造、IoTタイヤを使用した新たな付加価値の提案を行い、アルプスアルパインは摩耗・路面などの状態検知技術の開発・確立、摩耗・路面などの状態検知センサーの開発・製造、取得データをクラウドUPするシステムプラットフォームの提供を行う。またゼンリンは高精度地図、各種道路情報など地図情報の提供やIoTタイヤ取得情報と地図情報の紐付け・分析、IoTタイヤと地図情報を用いた新たな付加価値の提案を行う。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた