PAGE TOP

20%の軽量化、転がり抵抗は30%低減

ブリヂストン、タイヤ軽量化新技術を開発

タイヤ 2019-09-03

 ブリヂストンは9月3日、タイヤ軽量化の新技術「Enliten(エンライトン)」を開発したと発表した。車両のハンドリングなど運動性能、タイヤライフに繋がる摩耗性能を維持しながら、タイヤ重量を軽量化することで、タイヤの転がり抵抗が大幅に低減できる。

 3次元形状革新サイプによるパターンブロック挙動最適化、最新シミュレーション技術を活用した接地形状最適化により、運動性能、タイヤライフを維持しながら、タイヤに使用する部材を削減できる。タイヤサイズ225/40R18での比較では、従来タイヤに比べ約20%の軽量化、転がり抵抗は約30%低減することが可能。また、ガソリン車では走行時のタイヤ起因によるCO2排出量を約30%削減、電気自動車では航続距離を延ばすことができる。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界