PAGE TOP

アスリートや大会運営をサポート

ブリヂストン、東京2020を支援

タイヤ 2019-07-26

 ブリヂストンは7月22日、オリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーとして1年後に迫った東京2020大会を、同社の使命である「最高の品質で社会に貢献」のもと、「Chase Your Dream」のキーメッセージにのせて、同社の持つ知見、先進技術やイノベーションでアスリートや大会運営をサポートしていくと発表した。

 同社は、オリンピックおよびパラリンピックの公式タイヤサプライヤーとして、東京2020大会で使用する公式車両へタイヤを提供する。このほかにも、東京2020大会における先進モビリティや安全・安心を支えるインフラなどを同社の多角化商品やソリューションで支える。

 また、大会期間中は数百人規模の従業員ボランティアによる大会運営サポートや、東京都内の交通需要抑制に向けた時差通勤・テレワーク推進などの実施も予定しており、東京2020を最も効率的かつ持続可能な大会の一つとして運営できるようサポートしていく。

 また同社は、「Chase Your Dream」をテーマに、夢に向かって挑戦するすべての人を支えるために、事業を展開する世界各国で「Team Bridgestone」を立ち上げ、活動を行っている。同活動を支えるために、15を超える国々で50人以上のオリンピアン、パラリンピアン、アスリートをブランドアンバサダーとして任命し、東京2020に向けて活動推進している。これらの活動は、200を超える各地域の国内オリンピック委員会への支援に加えて行っている。

 なお、同社がこれまで発表してきたオリンピック・パラリンピックに関する主な取り組みは以下の通り。

 ◆安全・安心な街づくりで東京を支える
 東京2020オリンピック・パラリンピック競技会場となる「東京アクアティクスセンター」および「有明アリーナ」に免震ゴムを納入。

 ◆モビリティへの貢献で大会の移動を支える
 東京2020大会公式車両に乗用車用タイヤを供給

 ◆技術・イノベーションでアスリートを支える
 東京2020オリンピック日本代表自転車競技チームのトラック競技用自転車オフィシャルサプライヤーに決定/ブリヂストングループの技術力を生かしてパラアスリート技術支援をスタート

 ◆オリンピックおよびパラリンピック・ムーブメントの醸成と地域へのスポーツ文化の定着を支える
 「Team Bridgestone Japan」を発足/「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!」/オリンピックコンサートへの協力

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界