PAGE TOP

公用車40台分の160本

横浜ゴム、タイヤ販社が北海道旭川市にタイヤ寄贈

タイヤ 2019-05-08

谷口浩二ヨコハマタイヤジャパン執行役員北海道カンパニー社長(左)と西川将人旭川市長


 横浜ゴムは5月8日、タイヤ販売会社であるヨコハマタイヤジャパンの北海道カンパニーが、地域貢献活動の一環として乗用車用タイヤ「BluEarth-GT AE51」(120本)とバン専用タイヤ「JOB RY52」(40本)を北海道旭川市に寄贈したと発表した。

 寄贈したタイヤは同市の公用車40台に装着される。4月26日には旭川市役所で受納および感謝状贈呈式が行われ、谷口浩二ヨコハマタイヤジャパン執行役員北海道カンパニー社長が出席し、西川将人旭川市長から感謝状を授与された。

 旭川市は季節ごとの交通安全市民総ぐるみ運動や交通安全教室の実施など交通事故防止活動を行っている。今回は、公用車の安全運転に寄与するとともに、地域社会への交通安全活動に活かしてもらうことで地域に貢献したいという思いからタイヤを寄贈した。なお、2018年9月には降雪シーズンを前に乗用車用スタッドレスタイヤ「iceGUARD 6」(124本)とバン・小型トラック用スタッドレスタイヤ「iceGUARD iG91」(40本)を寄贈している。

 「BluEarth-GT AE51」は走行性能、快適性能、環境性能などトータルパフォーマンスに優れるグランドツーリングタイヤで、ウェットグリップ性能では全サイズで国内ラベリング制度の最高グレード「a」を獲得。「JOB RY52」は環境性能に加え、耐摩耗性能とウェット制動性能を高めることで優れた経済性と安全性を実現している。

 横浜ゴムは2015年12月に旭川市内にタイヤテストコース「北海道タイヤテストセンター」を開業し、冬用タイヤをはじめとしたタイヤ試験を行っている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界