PAGE TOP

ITを戦略的に活用する取り組み評価

ブリヂストン、「攻めのIT経営銘柄」に5年連続選定

タイヤ 2019-04-25

 ブリヂストンは4月24日、経済産業省と東京証券取引所が共同で紹介する「攻めのIT経営銘柄」に5年連続で選定されたと発表した。同社ではビッグデータ分析を活用したより良い製品開発や、製品とメンテナンスなどのサービス、センサーやソフトウェアなどのITツールを組み合わせ、顧客の課題解決に貢献するソリューションビジネスを推進している。今回の選定はこれらのITを戦略的に活用する取り組みが評価されたもの。

 具体的な取り組みは、①ビッグデータ分析による航空機用タイヤの耐久性向上と②運送ソリューションビジネスのためのデジタルプラットフォーム構築――の2点。

 ①では、航空機タイヤはタイヤの表面(トレッド)が摩耗すると、トレッド部分を貼り直してリトレッドタイヤとして再利用しているが、タイヤの個体差により再利用回数にバラつきが生じることが課題だった。これを解決するため、タイヤの原材料や製造プロセスにおける温度・湿度、稼働時間などのビッグデータを分析し、バラつきの要因を特定することで、より耐久性に優れた製品の開発につなげている。

 ②では、以下の3つのデジタルツールを活用している。ひとつ目は、顧客(運送事業者)の車両やタイヤの基本情報、タイヤ点検結果などの情報を管理するためのデジタルプラットフォーム「Toolbox」、2つめはセンサーを用いてトラック・バス用タイヤの空気圧や温度を計測し、車両位置情報とともにリアルタイムで遠隔モニタリングするシステム「Tirematics」、3つめはリトレッドタイヤの製造、品質、在庫などに関する情報をリアルタイムに把握分析するツール「BASys」。これらを通じて顧客のタイヤライフサイクルにおける情報の管理・分析を実施、運送ソリューションのさらなる質の向上につなげている。

 同社では今後もITの積極的な活用を通じ、顧客に新たな付加価値を提供する技術・ビジネスモデルのイノベーションを推進、企業価値の向上を目指す。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界