PAGE TOP

買収額約1,138億円、ソリューションビジネス拡大へ

ブリヂストン、蘭の車両・運行管理サービス会社を買収

タイヤ 2019-01-22

 ブリヂストンは1月22日、オランダのトムトム社の子会社であるトムトムテレマティクス社を買収すると発表した。買収額は9億1,000万ユーロ(約1,138億円)。買収は2019年12月期第2四半期中に完了する見込み。

 トムトムテレマティクス社はクラウドを用いて車両・運行管理等のサービスを提供するデジタルフリートソリューション事業を運営しており、2017年の売上高は1億6,200万ユーロ(約202億円)。運送及びパーソナルモビリティ分野で業界をリードするデータプラットフォームを提供し、ドライバーや運行状況に関する様々なデータの管理・提供を通じて、ドライバーや運送業者の安全性・効率性・生産性の向上に貢献している。

 今回の買収で、トムトムテレマティクス社のデジタルフリートソリューション事業とブリヂストンが培ってきたタイヤに関する知見、グローバルサービスネットワークを融合。顧客や社会に新たな価値を提供し、MaaS(Mobility as a Service)に象徴される次世代のモビリティ社会を支えていく考え。

 また、買収するデジタルフリートソリューション事業がサービスを提供する約86万台の車両と、それら車両から得られる車両やタイヤの稼働状況に関するビッグデータを活用し、より良い商品の開発や顧客の安全で効率的なオペレーションを支えるメンテナンスサービスの品質向上に繋げていく。

 ブリヂストンは、あらゆる分野のMaaSに関わる顧客やサービス事業者に対し、優れた商品とサービスをデジタルで繋ぎ、ソリューションとして新たな顧客価値・社会価値を提供するビジネスプラットフォームの構築を目指している。これを新たに “Bridgestone Tire & Diversified Products as a Solution”(Bridgestone T&DpaaS[ブリヂストンティーアンドディパース])戦略と名付け、今後グローバルに展開していく。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界