PAGE TOP

氷雪路面でも強力な駆動力を実現

東洋ゴム工業、除雪専用スノータイヤがグッドデザイン賞

タイヤ 2018-10-05

M925

 
 東洋ゴム工業は10月5日、除雪トラック専用スノータイヤ「M925(エムキュウニーゴ)」が、2018年度グッドデザイン賞を受賞したと発表した。同商品は、2017年7月に発売を開始した除雪トラック専用スノータイヤ。

 冬場の高速道路における除雪作業は、従来の大型建機を用いた低速での除雪作業から、近年は除雪トラック前部に取り付けた「プラウ」と呼ばれるブレードを用いて路肩方向に寄せる、高速除雪作業が主流となっている。

 除雪トラックの多くは、凍結路でのアイス性能を重視した一般的なトラック・バス用スタッドレスタイヤを使用しているが、それらのタイヤのパターンデザインは、タイヤが地面と接するトレッド部分に数多くの小型のブロックが配置されたものになっている。

 接地面内の雪を後方に蹴り出すことで得られる駆動力には限界があり、雪の大きな抵抗を受けて車両を直進させることが難しい「高速道路での作業」には、熟練したドライバーの高いスキルが必要となる。また、一般的なトラック・バス用スタッドレスタイヤを用いる場合は、パターンデザインが接地面中心線を基準にした点対称で構成されているため、タイヤ溝内の排雪効果などに課題があった。

 同社は、多くの高速除雪トラックが一般的なトラック用スタッドレスタイヤを装着していることに注目し、ドライバーの負担を軽減しながら作業に寄与する除雪車専用スノータイヤを開発。M925には異形V字状の太い溝を主体とした専用のデザインを採用し、高い駆動性とその性能低下を防止する設計によって氷雪路面においても強力な駆動力を実現している。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界