PAGE TOP

「全日本カート選手権」OK部門の第7戦

横浜ゴム、国内最高峰カートレースで表彰台を独占

タイヤ 2018-09-13

第7戦で表彰台を独占したヨコハマタイヤ勢

 
 横浜ゴムは9月12日、同社のレーシングカート用タイヤ装着車が9月8-9日にスポーツランドSUGO(宮城県)で開催された「2018年オートバックス全日本カート選手権」の最高峰クラスであるOK部門の第7戦で表彰台を独占したと発表した。

今季初優勝を飾った三村壮太郎選手


 同部門での表彰台独占はヨコハマタイヤ初で、第2戦のワンツーフィニッシュに続き、ヨコハマタイヤの優れた戦闘力を実証する結果となった。
 表彰台を独占したのは三村壮太郎選手(Crocpromotion)、佐藤蓮選手(DragoCORSE)、奥住慈英選手(TEAM MOTOYAMA)。

 ウェットコンディションとなったこのレースでは、三村選手がスタートと同時にトップに躍り出ると、佐藤選手、奥住選手がこれに続き、1周目で上位3台をヨコハマタイヤ勢が占める。三村選手は圧倒的な走りで後続との差を大きく広げ、今季初優勝を達成。2位にはそのまま佐藤選手が続いた。

 奥住選手は残り3周で後続車とのタイム差を1秒まで縮められる猛追を受けるが、冷静な走りを続け3番手を守り切った。佐藤選手と三村選手は現在までのポイントで1位と3位にランクインしており、11月の最終戦(第9戦、第10戦)でシリーズチャンピオン獲得を目指す。

 「全日本カート選手権」はレーシングカートの国内トップシリーズで、中でも最高峰クラスのOK部門では熱くハイレベルな戦いが繰り広げられる。横浜ゴムは同部門への参戦に加え、ジュニアカート選手権のFP-Jr Cadets部門にワンメイクタイヤを供給しているほか、海外でもアジアを中心にサーキットレースを幅広くサポートし、レーシングカートの普及に努めている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界