PAGE TOP

実用化に向けた研究プロジェクトに参画

ブリヂストン、植物原料由来イソプレンゴムでタイヤ商用化目指す

タイヤ 2018-08-31

植物原料由来イソプレンを用いたタイヤ製造プロセス


 ブリヂストンは8月31日、植物原料由来イソプレンゴムの実用化に向けた研究プロジェクト「植物原料由来イソプレン及び高機能イソプレン誘導体製造技術の社会実装に向けた課題抽出」に参画すると発表した。

 同プロジェクトは、タイヤの原材料として使用されている天然ゴムや石油由来の合成ゴムを代替し得る、植物原料由来イソプレンゴムの実用化・事業化に向け、製造技術、精製・重合技術、コスト等に関する調査研究を通じて課題抽出を行うもの。国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「スマートセル関連技術の社会実装推進に向けた先導研究テーマ」に採択されている。

 実用化・事業化に向け、同プロジェクトに参画する三菱ケミカルリサーチ、JSR、三菱ケミカルと連携し、タイヤ原材料の安定供給源確保や製造プロセスの確立等、イソプレンのバリューチェーンに関わる検討課題を明確にしていく。これにより、植物由来原料を用いたタイヤの商用化を目指す。

 ブリヂストンは天然ゴムの安定供給を目指し、パラゴムノキに関する様々な研究開発に取り組むと同時に、天然ゴムを代替する材料を人工的に合成する研究を進めてきた。2016年には、同社独自の触媒技術を用い、天然ゴム以上の性能を持つ次世代ゴムを実現しうるポリイソプレンゴム(合成ゴム)の合成に成功している。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界