PAGE TOP

6月2日に初の熊本県で

第7回「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピックa Go Go!」を開催

タイヤ 2018-04-17


 ブリヂストンは4月13日、地域でのオリンピック・パラリンピック・ムーブメント醸成などを目的に実施している「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピックa Go Go!」を6月2日に熊本県熊本市・南部総合スポーツセンターで開催すると発表した。

 当日は、オリンピック出場経験者(オリンピアン)やパラアスリートと楽しむことができるスポーツレッスン「オリンピアン・パラアスリートレッスン」をはじめオリンピアン、パラアスリートと参加者がチームで楽しむ「運動会」、東京2020競技種目の体験などを実施する。抽選申込みが必要となる「オリンピアン・パラアスリートレッスン」と「運動会」の受付はウェブサイト(http://agogo2020.bridgestone/)にて開始している。

 イベントには、チームブリヂストンのアスリート・アンバサダーである競泳の萩野公介選手と車いすバドミントンの小林幸平選手のほか、競泳の山口美咲さん、バドミントンの藤井瑞希選手、サッカーの海堀あゆみ選手、新体操の田中琴乃さん、野球の和田一浩さん、ラグビーの北川智規さん、飯島陽一さん、若松大志さん、ハンドボールの川俣ゆかり選手・松尾祐依選手が参加する予定。

 また、会場にはブリヂストンの安全安心を体験するプログラム「ブリヂストンパーク」も併設し、タイヤの安全点検に関する情報コーナーや自転車の試乗コーナーなども用意される。

 同イベントは、ブリヂストンが地域社会と連携し、開催地域におけるオリンピック・パラリンピック・ムーブメントの醸成、また運動不足など地域の社会課題解決に貢献することなどを目的に2016年以降、日本全国で開催している。第7回目となる今回は、熊本地震の復興を東京2020オリンピック・パラリンピック開催の重要な意義のひとつとして掲げている中で、同社もその趣旨に共感し、熊本県熊本市で開催するもの。なお、同イベントの熊本県での開催は今回が初となる。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界