PAGE TOP

三井化学、旭化成・サンヴィーオ事業の買収について

11月13日

 三井化学株式会社(所在地:東京都港区、社長:淡輪 敏)は、12月1日を目途に旭化成株式会社のスチレン系架橋型熱可塑性エラストマー(製品名称「サンヴィーオ」、以下「TPS」)事業を買収することと致しましたので、お知らせ致します。

 熱可塑性エラストマーは、主に自動車用途で、塩ビ・加硫ゴムの代替材料としてグローバルに需要が伸長しております。当社の熱可塑性エラストマー「ミラストマー」はこれまで、自動車向けでは架橋型(TPV)で内装表皮、ウェザーストリップ、ステアリングブーツ等、非架橋型(TPO)でエアバッグ・カバー等の各用途で事業を拡大してまいりました。今回の買収であらたにTPSをラインナップに加えることにより、自動車部品や生活用品など様々な分野でより幅広いニーズに対応できるようになるほか、付随技術を既存ミラストマー®事業の差別化に応用できることが期待できます。

<ミラストマー事業と今回買収する事業の概要>

ミラストマー事業
製品  :架橋型(TPV)、非架橋型(TPO)
生産能力:45千トン/年(TPV)
主な用途:自動車内装表皮、ウェザーストリップ、ステアリングブーツ、エアバッグ・カバーなど
生産場所:日本・中国・ドイツ・タイ他

今回買収する事業(サンヴィーオ)
製品  :スチレン系架橋型熱可塑性エラストマー(TPS)
生産能力:非開示
主な用途:自動車部品、生活用品など
生産場所:日本・中国

 当社は、モビリティ事業をヘルスケア、フード&パッケージングとともに成長事業領域と位置付け、積極的な事業拡大を図っています。ミラストマー®事業は、モビリティ事業の中核の一つであり、積極的に強化・拡大を進めております。当社は、今回の買収を機に、ミラストマー®事業の一層の強化を図るとともに、今後も世界的に拡大する需要を的確に捉え、更なる事業拡大を進めてまいります。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界