PAGE TOP

3Dプリントで個人の背面形状を再現

モンドデザイン、オーダーメイドバックパックを予約販売

その他 2018-04-19

3D ERGONOMIC 3D


 モンドデザイン(東京都港区、堀池洋平社長)は、バッグ類を扱うブランド「SEAL(R)」から新シリーズ「SEAL ERGONOMIC 3D」の第1弾製品として、3Dプリントで背面形状を再現するオーダーメイドバック「バックパックM」「バックパックL」の予約販売を4月18日から開始した。クラウドファンディングサイト「Makuake」(https://www.makuake.com/project/seal-ergonomic/)にて数量限定で行い、同日からSEAL路面店での店頭展示も開始している。

 「SEAL ERGONOMIC 3D」は“長時間重い荷物を運んでも身体への負担を最小銀とどめる”という健康(ヘルスケアア)をコンセプトに開発されたバックパック。人間工学に基づき設計された鞄と、3Dスキャンによりオーダーメイドで背面形状を読み込み3Dプリントで再現したサポートパーツ(3Dシェル)を組み合わせることで、荷物の重量を分散させ肩への負担を約65%軽減する。正しい姿勢を維持することで骨盤・背骨の歪みから発生する腰痛・肩こり・頭痛など体の不調の予防効果も得られる。

 背面形状の3DスキャンはSEAL路面店で行われ、要する時間は約5分程度。3Dシェル・内部ナイロンには再利用素材を使用しているほか、PC・タブレットやICポケットなどの機能も備える。主にパソコンや書類など重い荷物を持つビジネスシーン、多くの荷物を持つ旅行、教科書などを持つ通学、ランニングなどのスポーツシーンでの利用を想定している。

 カラーは「M」がブラック・ベージュ・モスグリーンの3種で、「L」がブラック・ネイビーの2種。税込み価格は3万2,400円。ブランドURLはhttp://www.seal-brand.com/

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界