PAGE TOP

共同研究および実証設備を導入

デンカ、米企業と低炭素アセチレンチェーン確立に向けた契約を締結

原材料 2023-05-26

 デンカは、アセチレン製造における低炭素化を実現するための技術確立を目的として、米国のベンチャー企業Transform Materials(TM社)との共同研究および同社が展開する設備の導入を決定し、5月23日に調印式を実施した。

 デンカは2023年度からスタートした8カ年の経営計画「Mission2030」において、スペシャリティ、メガトレンド、サステナビリティの3要素を備えた「3つ星事業」を100%にすることを目指している。また、非財務KPIの一つとして、2030年のCO2排出量 60%削減(2013年度比)を掲げており、低炭素アセチレンチェーンの確立を含むポートフォリオ変革を進めている。

 今回契約を締結したTM社は、マイクロ波プラズマを利用したメタン(炭化水素)からのアセチレン・水素製造技術を保有する米国のベンチャー企業。TM社が保有する技術は、カーバイドを原料とする既存のアセチレンチェーンから製造されるクロロプレンゴムやアセチレンブラックといったデンカの主力製品のCO2排出量低減に寄与するだけでなく、副生する水素を活用することで、カーボンニュートラルに貢献する新たな取り組みを創出し得る可能性を持っていることから、本契約締結に至った。

 デンカは、同技術に基づくアセチレン・水素の製造設備を大牟田工場(福岡県大牟田市)に導入し、同技術の実証とアセチレンの大型量産の実現に向けた技術改良に取り組んでいく。

 なお、デンカは2030年までの8年間合計で850億円の環境投資を計画。国内外問わず、サステナビリティに関するさまざまな取り組みを「2050年カーボンニュートラル」の実現に向けて推進していく。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた