PAGE TOP

2030年のビジョン達成を目指す

日本ゼオン、サステナビリティ基本方針を制定

原材料 2022-07-01

 日本ゼオンはこのほど、企業活動の基本的考え方である「CSR基本方針」を改正し、7月1日から新たに「サステナビリティ基本方針」を制定した。これまでのCSR経営から、さらに視野を広げたサステナビリティ経営へと発展させることで、中期経営計画の2030年のビジョン達成を目指す。

 同社グループはこれまで、CSR基本方針のもと「社会の期待に応えること」に向けた活動を推進してきた。2021年度からスタートした中期経営計画では、新たにサステナビリティ(持続可能性)という概念を加え、SDGsへの取り組みを通して2030年のビジョン「社会の期待と社員の意欲に応える会社」の実現を目指している。

 サステナビリティ基本方針では、「持続可能な地球」と「安心で快適なくらし」に貢献する、公正で誠実な活動を貫き、信頼される企業であり続ける、より良い未来のために、一人ひとりが考え、行動する――ことを掲げている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた