PAGE TOP

11月21日納入分からキロ40円以上

信越化学工業、塩化ビニル樹脂を値上げ

原材料 2021-10-27

 信越化学工業は10月26日、塩化ビニル樹脂の国内向け販売価格を改定すると発表した。11月21日納入分からキロ当たり40円以上値上げする。

 同社では今回の改定ついて、「今年は塩ビの値上げを2度実施したが、その後も原油ならびにナフサ価格は上昇しており、安全・安定操業と品質の維持を継続するための設備メンテナンス費用の上昇も続いている。また、海外ではアジア、アメリカを中心として需要が伸長するなか、年初来北米で発生した大寒波、洪水、ハリケーンなどの自然災害や、中国の燃料不足、環境規制に伴う電力制限の影響で塩ビの需給はひっ迫した状況が続いている。この結果、海外の塩ビ価格は全ての地域で上昇が続いており、国内価格の倍もしくはそれ以上の水準となっている。これらの状況をご理解頂き、値上げをご了承頂けるよう努めていく」としている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた