PAGE TOP

【インタビュー】キャボットジャパン社長 山梨展明氏

キャボットジャパン、世界上位のタイヤメーカーと対話できる日本の意義大きい

会員限定 原材料 2019-12-11

 130年以上の歴史を持ち、世界最大のカーボンブラックメーカーであるキャボット。その日本法人「キャボットジャパン」の山梨展明社長は、「世界で上位の規模を持つタイヤメーカーと対話ができる日本にキャボットジャパンがある意義は大きい」と話す。山梨社長に足元や今期の状況、グローバル企業としての優位性などを聞いた。

 ■足元の状況
 キャボットは、カーボンブラックを中心とした補強材事業、色用カーボンやヒュームド金属酸化物等を扱う機能性化学品事業、活性炭事業の3事業を展開している。19年9月期は、補強材事業と機能性化学品事業は非常に厳しかった。

 米中貿易摩擦が一つの

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界