PAGE TOP

障がいを持ちながら働く人を応援

三井化学、 「The Valuable 500」に加盟

原材料 2019-11-12

 三井化学は11月7日、障がい者の活躍推進に取り組むイニシアチブ「The Valuable 500」の取り組みや考え方に賛同し、10月29日に加盟文書に署名したと発表した。

淡輪敏三井化学社長(左)、The Valuable 500 日本担当 岸田奈美氏


 「The Valuable 500」は、1月24日、世界経済フォーラム年次総会において発足した、障がい者の活躍推進に取り組むイニシアチブ。「インクルーシブなビジネスはインクルーシブな社会を創る」という考えのもと立ち上げられ、障がい者がビジネス、社会、経済にもたらす潜在的な価値を発揮できるような改革をビジネスリーダーが起こすことを目的としている。

 三井化学グループは同取り組み、考え方に賛同し、次の通り具体的なアクションを定めた。

 ①障がいのある社員の全従業員に対する比率を全社目標として定める。

 ②障がいや病気を持つ社員が組織の一員としての実感を持ちつつ、個々の能力を発揮できる職場風土の醸成に取り組む。

 ③事業活動を通じて、人々が健康的で自立した生活を送るための社会課題の解決を目指す。

 ④SNSなどを活用し、取り組みを積極的に発信する。

 

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界