PAGE TOP

リチウムイオンバッテリーの需要増に対応

デンカ 、大牟田工場でのアセチレンブラック生産継続を決定

原材料 2019-10-16

 デンカは10月15日、大牟田工場(福岡県大牟田市)におけるアセチレンブラック(一部グレード)の生産を継続すると決定した。

 同社は2017 年11 月8 日、大牟田工場におけるカーバイド系製品の生産停止計画を発表。その中でアセチレンブラックについては、2019年12月末までに生産を停止し、LiB(リチウムイオンバッテリー)用は千葉工場へ、高圧送電ケーブル用はシンガポールのDSPLへ生産を集約すると発表していた。

 しかし、同社の経営計画「Denka Value-Up」のもと、各種電動車・蓄電事業向けの需要増に対して、高純度・高電気伝導性のアセチレンブラックの生産体制を今後も引き続き強化し、安定供給および今後の生産体制を引き続き強化するため、2020年1月以降も大牟田工場でのアセチレンブラックの生産継続を決定した。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界