PAGE TOP

蘭Fuenix Ecogy Groupとパートナーシップ締結

ダウ、循環型プラスチックの生産へ大きな一歩

原材料 2019-09-05

 ダウは8月29日、蘭Fuenix Ecogy Groupとの間で、リサイクル済みのプラスチックごみから作られた熱分解油の原料供給に関する合意を締結したと発表した。同原料は、オランダ・テルヌーゼンにあるダウの生産設備で、新しいポリマー(バージン材)を生産するために活用される。

 熱分解油を元に生産されたポリマーは、これまでの原料由来のものと同一製品のため、食品包装を含むこれまでと同様の用途で使用することができる。様々な種類が混ざったプラスチックごみを精製することで元の姿に戻し、新しいポリマーの生産に使うため、原料リサイクルに向けた大きな一歩となる。

 今回の合意は、資源の効率性に着目し、リサイクル製品と再生原料を生産プロセスに統合することで循環型経済への移行を実現するというダウの戦略の一例。また、この合意は、2025年までにEU地域で販売されるダウのプラスチック製品に、少なくとも10万トンのリサイクル済みプラスチックを使うというダウのコミットメントにも貢献する。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界