PAGE TOP

5,000万ドルを上回る投資を実施

SIグループ、北米での酸化防止剤の生産規模を拡張

会員限定 海外NEWS 2021-06-03

 高機能添加剤の大手SIグループは、北米3カ所の製造拠点に5,000万ドルを上回る投資を実施する。世界的に競争力のある酸化防止剤の生産規模を拡張し、成長セグメントへの供給を増やす計画を発表した。

 この投資計画は、SIグループの化学市場に対するコミットメントの一環。主要パートナーに安定して供給することに重点を置いていく。

 SIグループは現在、米国にある製造拠点の統合を推進。そして更なる拡張により、フェノール系酸化防止剤の新たなポートフォリオを整え、供給の安定性を向上させるという。同社の高機能添加剤は、食品包装、自動車、建設、接着剤などの成長分野で広く使用されている。

 「この拡張計画は、成長と顧客のニーズへの対応に注力した結果だ。米国国内の生産能力と供給安定性が向上し、SIグループの地位が強化される」と、SIグループのヴァイス・プレジデント(プラスチックソリューションズ)のチャック・リアドン氏は述べる。この新たな製造規模の具体的な情報に関しては、2022年後半に発表される予定だ。

 これらのプロジェクトにより、まず工場建設段階で短期雇用を創出。その建設が完了すると今度は、製造現場での 恒久的な 雇用が創出されることが予想される。米国のポリオレフィン市場は計画的な成長が見込まれる中、SIグループは需要の拡大に合わせて国内供給を増加させ、顧客の重要なパートナーとしての地位を強化していく。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた