PAGE TOP

高精度数値管理で張力不足防止

バンドー化学、輸送貨物の固縛ベルト用張力計を発売

工業用品 2017-05-10

ラッシングバイト

 
 バンドー化学は4月28日、輸送貨物の固縛ベルト用張力計「LASHINGBITE(ラッシングバイト)」を同日から発売すると発表した。ラッシングバイトは2015年9月にバンドー化学と山九(東京都中央区)が共同開発、その後両社でさらなる評価・検討を重ね今回の発売に至ったもの。

 近年、物流業界では輸送環境の多様化に伴い、輸送中の振動や衝撃による荷崩れ、物損事故が問題となっており、その原因の一つに貨物の固縛時における締め付け力の確認を全て人の感覚で行っていることが指摘されていた。

 「ラッシングバイト」は固縛用ベルトの張力を高い精度で数値管理することで、輸送物の荷崩れの原因の一つである張力不足を防止する製品。ベルトの張力がデジタル表記され、測定日時、ベルトタイプ、目標値、測定値を最大100件保存できるほか、SDカードでデータの出力も可能(CSV形式)。測定範囲は張力1,000Nから1万9,600N、使用環境は温度-10度から60度、湿度80%以下と幅広く対応し、スチールバンド、ワイヤーロープを除く固縛ベルト(幅75ミリまで、厚み0.7ミリから3.5ミリ)を測定できる。また、事前に目標値を入力することで、目標値に達した際に合図音が出る合否判定機能も付いている。

 外径寸法はH194ミリ×W85ミリ×D82ミリ、重量は1.24キロ、電源は単3形2本、生活防水はIPX4相当。

 これまで作業者の感覚に頼る部分が多かった固縛作業で、安全性の確保、作業の標準化、技術伝承などを実現し、輸送品質向上への貢献が期待できる製品となっている。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界