PAGE TOP

【特集】ゴム・樹脂コンベヤベルト

吉野ゴム工業、「二枚目君」が電力会社の引き合い活発

工業用品 2017-04-27

東京電力広野発電所に採用された「二枚目君」


 吉野ゴム工業の17年9月期下期(4-9月)業績は、受注残もあり堅調に推移しそうだ。同社は急傾斜コンベヤ「Sコン」や垂直搬送コンベヤ「二枚目君」などのベルトシステム製品や環境にやさしい樹脂ローラ「エコロンローラ」など特徴的な製品を展開し、ユーザーから高い評価を得ている。中でも注力するのが「主力中の主力」(吉野ゴム工業)という「二枚目君」だ。

 「二枚目君」は、波桟加工を施した主搬送ベルトと横桟を付けた押さえベルトで、搬送物をサンドイッチのように挟み込んで急傾斜・垂直搬送することができる。荷こぼれが少ない上、ベルトクリーナーにより搬送物をきれいに掻き取るためムダなく、効率よく搬送することができる。

 昨年7月には、東京電力広野発電所に採用された。電力会社に二枚目君が採用されたのは初。「二枚目君を電力会社に採用してもらうため、これまで長年PRを続けてきた。民間のIPP(独立系発電事業者)などで実績を積み上げてきたことも評価された」(同)。東京電力への納入実績により、他電力会社からの引き合いも活発化している。今年3月には、次世代火力発電システムの総合見本市「次世代火力発電EXPO」にも初出展。「二枚目君」を積極的にPRした。

 電力向け以外では、土木分野での活用に期待している。「都市部のトンネル工事で出る土砂の排出には「二枚目君」が適している。実績もあるので、活躍できると考えている」(同)。

 篠山工場(兵庫県篠山市)には、「二枚目君」のデモ機が設置されており、実機を使った実験が可能。「最近は実際の搬送物を持ち込んで、実験する顧客が増えており、当社もそのデータを基に設計に反映している」(同)という。今期後半には、「二枚目君」の販促キャンペーンを実施していく方針だ。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界