PAGE TOP

接着・接合EXPOで提案

横浜ゴム、自動車用樹脂パネル用接着剤を開発

工業用品 2017-04-11

ロボットにより塗布された樹脂パネル用構造接着剤


 横浜ゴムはこのほど、シーリング材・接着剤等の製品ブランド「ハマタイト」の新製品として自動車樹脂パネル用構造接着剤を開発。4月5-7日に東京ビッグサイトで開催された「第1回接着・接合EXPO」に素材の表面処理を行う富士機械製造等と共同出展し、日本企業連合による接着ソリューション製品として提案した。

 新製品は車両軽量化ソリューションとして開発された1.5液型速硬化ウレタン系接着剤で、自動車用樹脂パネルに対し優れた接着耐久性を発揮するとともに、速やかな接着強度(ハンドリング強度および実用強度)で次工程への硬化待ち時間の短縮を実現。耐水性・耐熱性・耐候性がバランスされた物性で、“強度”と“伸び”を両立している。

 樹脂間の接着には接着剤を機能させるため、塗布前に表面処理を施す必要がある。横浜ゴムは大気圧プラズマ装置を製造する富士機械製造と共同で、ロボットアームによるプラズマ表面処理後に、接着剤を自動塗布する技術を確立。展示会のブースでも紹介した。

 同技術は一部自動車メーカーに採用されており、横浜ゴムではこの実績を元に他の自動車メーカーの採用に繋げていきたい考えだ。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界