PAGE TOP

約5億円を投資、自動車電動化に対応

NOK、鳥取事業場に防振・防音製品の製造設備を増設

工業用品 2022-09-01

 NOKは、自動車電動化への対応を強化するため、NOK鳥取事業場内(鳥取県西伯郡)において2021~2023年度の3年間で電動パワーステアリング(EPS)、ギア・ブレーキなど周辺に使用する電気自動車向け防振・防音製品を製造する設備を増設する。投資額は約5億円。なお、生産体制強化に伴い、約20人の新規雇用を計画している。

NOK鳥取事業場


 鳥取事業場では、主力製品として自動車エンジンのクランク軸の振動を低減するトーショナルダンパー(TVD)を生産しており、TVDのシェア拡大を目指す一方で、電気自動車向けの防振・防音製品にも注力している。

 今後、各自動車メーカーとの取引実績や防振・防音技術を生かして、電気自動車向け製品の受注獲得を加速し、エンジン車・電気自動車の双方でのシェア拡大を図る。すでに自動車メーカーなどと共同開発を行っており、振動吸収やノイズ低減の機能を持つ製品の開発・生産体制を構築する計画を進めている。

 なお、鳥取事業場の増設計画については、鳥取県から先進的な産業分野への投資として認定される見込みで、「鳥取県産業成長応援補助金(成長・規模拡大ステージ)」による支援が予定されている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた