PAGE TOP

事業拡大の歩み、海外展開のエピソード語る

【インタビュー】イノアックコーポレーション・井上聰一CEO

工業用品 2017-03-01

1954年に初めて独バイエル社を訪問した井上氏、当時25歳


 ■16年12月期単体業績
 当社の国内単体売上高は1,590億円、また海外を含む合算売上高は4,300億円となっています。

 今後も技術開発、生産、販売のグローバル化をさらに推進して企業グループの発展を期しています。

 ■ウレタン事業のエピソード
 1954年にドイツ・バイエル社との技術提携により、日本で初めてウレタンフォームを生産しました。当時、ゴム薬品というとバイエルの技術が一番進んでいて、戦時中でも特殊なゴム薬品はドイツから輸入していたものです。

 ウレタン材料を生産していたのもバイエルで、同社に勤めていたオットー・バイヤーという人がウレタンフォームを発明しました。

 当社では当時、バイエルのゴム薬品を輸入していましたので、そのツテでバイエルのウレタンフォーム「モルトプレン」に興味がないかとの紹介があり、ドイツに飛んで行って技術提携しましょうという話になり、機械と原料をオーダーして帰国しました。

 まだ日本は外貨制限が厳しい時代で、通産省(現経済産業省)から外貨を使う商売は難しいといわれましたが、音に関する研究所を所有していたNHKにウレタンフォームを持ち込み、吸音性に優れる材料というお墨付きをいただきました。

 用途開発では、その頃台頭し始めたエアコンメーカーに、防音材としてモルトプレンの採用を働きかけた結果、防音・吸音に優れる材料として認められ、通産省にも産業に貢献する材料であることを理解していただき、輸入許可が下りました。

2013年スリランカの新工場開所式(写真前列左から5人目が井上氏)


 ■最初に進出した国、スリランカ
 実は当社が一番初めに進出した国はスリランカでした。1948年に英国の自治領から独立したセイロン(現スリランカ)は天然ゴムの産地でもあり、現地の会社からのゴム事業を始めてほしいという要請に応え、1959年に合弁会社を設立しました。その後、当社は撤退しましたが、ゴム会社は今でも存続しています。

 スリランカでは2013年に新工場を開設し、ブラジャーのパッド等のウレタンフォーム製品を生産しています。

 ■イラン工場
 前述しましたように、当社は1965年からイランで現地生産を開始しました。その経緯は、当時の国王の親戚が来日した折、その方からゴム工場をつくってほしいとの要請があり、すぐに飛んで行って交渉しました。

1965年イランにゴム事業を中心としたゴム工場を稼働した頃(写真中央が井上氏)

その後、日本で研修を受けさせるため、当地の大学卒の男性数人を当社の工場に送り込みました。

 研修から1年半後にイラン工場が立ち上がりましたが、残念ながら1979年に起きたイラン革命で工場は国営化となり、当社は撤退しました。

 その国営工場は、今でもイランのみならず中東で一番大きなオートバイタイヤメーカーとして存続しています。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界