PAGE TOP

経済産業省統計/日本ゴム工業会まとめ

16年のゴムホース、生産量3.4万トンで前年比1.6%減

工業用品 2017-03-01

 経済産業省統計をもとに日本ゴムホース工業会がまとめた2016年(1-12月)のゴムホース生産・出荷実績は、生産量(新ゴム量)が3万4,621トンで前年比1.6%減、出荷金額が1,354億9,000万円で同0.5%減となった。同工業会が昨年11月に発表した需要予測では16年年間を前年比2%減とみていたが、11、12月と高圧用、自動車用が伸びたことにより、予測より0.4%改善したことになる。

 用途別では、高圧用は生産量が4,253トンで同3.3%増、出荷金額が170億3,200万円で同4.6%増。建設機械向けの需要が回復傾向で、8月以降前年比プラスが継続した。

 自動車用は生産量が2万3,059トンで同0.8%減、出荷金額が997億7,600万円で同0.1%減。中国の小型車減税関連による駆け込み需要もあり、年終盤に伸びた。

 その他用は生産量が7,309トンで同6.4%減、出荷金額が186億8,200万円で同7.0%減。原油価格が低位だったこともありマリンホースなどが前年を下回ったとみられる。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界