PAGE TOP

製品の高性能・高品質化とともに新分野開拓も進める

【新年トップインタビュー】金陽社社長 中田惠二氏

会員限定 インタビュー 2022-01-06


 「輸出は伸びているが、国内はまだ回復しているとは言い難い」と話す金陽社の中田惠二社長。2022年度は新たな気持ちで新中期経営計画をスタートさせる。ロール、ブランケットの高性能・高品質化に従来以上に注力するとともに、新製品開発や新分野開拓にも取り組んでいく方針だ。

2022年3月期足元の動向

 足元の業績は前年同期と比べると回復しており、コロナ禍前の2019年度水準まで戻っている。しかし、内訳を見ると輸出は伸びているが、国内はまだそこまでの水準には達していない状況だ。

 海外展開の大部分を占めるブランケットの販売は好調で、業績はかなり上がっている。欧州は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた