PAGE TOP

創業100周年、「新事業にもチャレンジ」

【インタビュー】極東ゴム社長 飯島護也氏

会員限定 工業用品 2021-12-20


 12月20日に創業100周年を迎える極東ゴム。ゴム可とう伸縮継手やゴムライニング製品、金型製ゴム製品の製造開発で高い実績を持つメーカーだ。創業者のひ孫で4代目社長の飯島護也氏は「当社の事業が、社会に貢献し、世の中に受け入れられたからこそ、長く事業を続けてこられた」と語る。創業200年に向けた出発点に立ち、今後もさらなる成長を目指し改革・改善に取り組み、新事業へもチャレンジしていく決意だ。

100周年を迎えての抱負

 当社は1921年、初代飯島誠也がゴムの輸入販売業として創業し、今年100周年を迎えた。その歴史は、諸先輩方によって築きあげられたもので、従業員みんなで感謝したいと思っている。

 会社の寿命は30年と言われている。100年を超えるだけで素晴らしく、価値あることだと思う。当社の事業が、社会に貢献し、世の中に受け入れられたからこそ、長く事業を続けてこられたと思っている。

 日本で100年を超える企業は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた