PAGE TOP

車の安全性能の需要拡大に対応

豊田合成、中国子会社の生産能力を強化

工業用品 2021-04-23

 豊田合成は、中国における「ミリ波レーダ対応エンブレム」と「インフレータ(エアバッグ用ガス発生装置)」の需要拡大に対応するため、同国子会社である豊田合成(張家港)科技(=張家港TG)での生産を開始した。

 「ミリ波レーダ対応エンブレム」は、車両周囲の状況を検知する電波(ミリ波レーダ)を透過する特殊なエンブレムで、自動運転などを支える製品として搭載が増えている。

ミリ波レーダ対応エンブレム


 また、「インフレータ」も、世界各地の安全規制強化を背景とするエアバッグ生産の拡大により需要が伸びている。従来、これらの製品は、取引先や中国国外の同社グループ会社から調達してきたが、新たに中国拠点での生産を開始することで、コスト競争力を高めると共に、供給能力を拡大する。

インフレータ

豊田合成(張家港)科技概要

 ◇設立=2003年10月◇所在地=江蘇省張家港保税区中華路113号◇資本金=5,109万米ドル◇面積=土地約180,000㎡、建屋約51,000㎡◇生産品目=セーフティシステム製品、内外装部品等◇従業員数=833名(2021年3月末)◇年間生産能力=ミリ波レーダ対応エンブレム:約60万個、インフレータ:約230万個

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた