PAGE TOP

新型コロナは”終息”ではなく”収束”をイメージして対応

【インタビュー】バンドー化学社長吉井満隆氏

会員限定 工業用品 2020-09-07

 「新型コロナウイルスは想定を超えるインパクトの大きなものとなった。新型コロナウイルスを語るときに“終息”と“収束”の2つの言葉があるが、ワクチンや治療法が確立するまでは“収束”をイメージしてウィズコロナで物事を想定していくことが必要だ。第2四半期以降の業績は自動車生産の回復に沿って、回復させていきたい」とバンドー化学の吉井満隆社長は語る。



 ■新型コロナウイルスの影響
 第1四半期業績は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界